ブランド品の買取を利用する場合、どの業者に依頼しようか迷ってしまうことはありませんか。ここでは、店舗とネットの二つのタイプの買取業者について、メリットとデメリットをお伝えしていきます。業者選びで困った際には参考にしてくださいね。

店舗でブランド買取を利用する場合

ネットのブランド買取を利用する場合

店舗でブランド買取を利用するデメリット

ブランド買取専門店の店頭買取のポイント

自分が今まで大切に扱ってきたブランド品、このブランド品がいらなくなったのでブランド買取専門店に持ち込んで、買い取ってもらう場合にはいろいろなポイントが考えられます。
良いこともあればそうではないこともあるわけですが、ここでは直接お店に商品を持ち込んだ時のマイナス要素を取り上げましょう。お店に直接持ち込むことによるメリットもありますが、あえてデメリットを見つける場合は、お店に持ち込むための時間が必要になります。
お店が自宅の近くにあれば、それほどの時間はかかりませんが、少しでも高く買い取ってもらうために電車等を使ってお店に向かえば、交通費も時間もかかってしまいます。
これがお店に持ち込んで買取査定してもらう際のデメリットになるでしょう。

契約成立しないと悪いと思うケースがあります

お店に持ち込んでブランド品の買取査定をしてもらうということは、その場で査定額を確認することになります。そして、査定は基本的に無料で行ってくれますから、査定額を面と向かって提示してもらったら、金額に納得していなくても契約を成立させないと悪いと感じる人がいます。
断ることが苦手な人が店頭で買取査定してもらった場合は、仮に自分が希望していた査定額とは違い、それよりもだいぶ低い査定額を提示されたとしても断れません。
しぶしぶ了承してしまい、低い査定額で契約成立となるでしょう。査定士の人が目の前にいなければ断ることができる人でも、目の前に査定士がいたら、なかなか断ることができません。これも店頭買取の人によってはデメリットになります。